分譲住宅では希望は通りにくいのか

住宅購入を考えた時、既に完成している分譲住宅と、自分の希望を反映できる注文住宅とで、意見が分かれます。間取りを決めることができる注文住宅は、やはり大阪狭山市でも人気が高いです。しかし、最近の分譲住宅では、間取りこそ変更する事ができませんが、壁紙の変更や設備の変更など、様々なオーダーができるようになってきました。

分譲住宅を購入するまでの一連の流れ

展示会などで間取りを見る

分譲住宅などの利点として、既に完成している物件を見学する事ができます。そのため、間取りなどの細かな点を確認して、購入するかの検討をすることができます。また、マンションなどになると、間取りが変わってくるため、複数の部屋を見るといいかもしれません。

購入申し込みと住宅ローン審査

見学でここだと決めることができたら、購入申し込みに入ります。この場合、企業によっては申込金を支払う必要があるので、事前に調べておきましょう。また、申込みの際に住宅ローンの仮審査が行われる事も多くあります。この仮審査が通らない場合は、複数の金融機関を利用することもあります。

売買契約を結び住宅ローンの申込み

住宅ローンの仮審査が通れば、契約に移ります。この時に手付金として、購入物件価格の5パーセントから10パーセントの金額を支払います。契約が完了した際には、たとえキャンセルしても手付金は返金されないので、その点は注意しましょう。契約が完了したら、住宅ローンの本契約を行います。

購入する際はきちんと流れを把握しよう

大きなお金が動くことから、不動産が金融機関との間に入ってくれるケースが多くあります。しかし、この手続の中には、重要な説明や契約書確認などがあります。購入する本人にも大きく関わってくるため、きちんと流れを把握している必要があります。

分譲住宅を購入するメリット

  • 購入前に確認できる
  • 費用が安い
  • 利便性が大きい

分譲住宅を購入するための情報を調べて夢の住宅を手に入れよう

家の模型

作業工程を確認することができる注文住宅

完成している分譲住宅は完成した間取りを見ることができるため、購入する際に細かく確認することができます。しかし、注文住宅で家を建てると、完成しなければ確認する事ができませんが、作業工程などを確認することができます。そのため、京都の建築企業の多くが、欠陥住宅を防止する対策として、購入者に現場を見せる方法を取り入れています。

様々な調整を行うことで予算を変更できる

購入者の意見を取り入れて作り上げる注文住宅は、どうしても建売住宅より価格が高くなってしまいます。しかし、こだわりを表現する際に、建築会社から提示される設計図を見ながら調整することで、予算配分を行うことができます。予算を変更することもできるのが、注文住宅の魅力ともいわれています。

口コミやブログから情報を集めるのもいい

注文住宅は、注文して1から作り上げるため、完成した際に「こんなはずではなかった」と後悔してしまう点が出てきてしまうことがあります。そのため、インターネットなどを利用して、注文住宅で家を立てた人達の意見を見てみるのもいいかもしれません。自分と同じような間取りを考えて失敗した人などの意見を参考にすることで、後悔しない家ができあがるはずです。

どちらの住宅でもメリットとデメリットがある

こだわりを持ちたいと注文住宅を選んでも、入居までをスピーディにと分譲住宅を選んでも、どちらも等しくいい点、悪い点があります。そのため、どちらがいいかと決めるのは、購入者となります。きちんと自分のニーズを見極めて、素敵な住宅を購入しましょう。

[PR]
愛知で注文住宅作りを♪
理想をかたちにしよう!

広告募集中